ポイントを賢く使えるカード

私はクレジットカードとして、楽天カードを使っています。年会費も無料で、ネットから簡単に申し込み出来る点も嬉しいのですが、何と言ってもポイント利用しやすい点が一番嬉しいです。ポイントが着くカードは世の中に沢山ありますが、貯まったところであまり使い道がないポイントカードも結構多いと思います。クレジットカードでも、ポイントが貯まれば何かギフトと交換出来たりするカードもありますが、別に要らないと感じる物もありますよね。私は楽天カードでコンビニやランチの支払いなどをしてしまうので、単純に支払いが楽ということもありますが、ポイントが楽天ポイントなので、その時その時でちょっと欲しいなと思っている物を楽天市場で購入することが出来ます。

現在愛用中のクレジットカード

私の現在のメインクレジットカードは楽天カードです。お勧めポイントはいくつかあります。まず楽天市場での買い物が多いので、楽天カードの支払いにするとポイントアップします。そして買い物の金額にも寄りますが会員ランクもアップします。またスマホは楽天モバイルを使っています。ダイアモンド会員へランクがアップしているとスマホ1台あたり500円の値引きになります。我が家は3台保有しているので毎月1500円の割引となります。他のクレジットカードでも1%の還元率のものはありますが、毎月1500円還元はなかなかないのではないでしょうか。そして今検討中なのは楽天カードでの投資信託の購入です。これも1%還元なのでかなりお得だと思い購入を考えています。普通のクレジットカードとして使うだけでは1%の還元のみですが、他のサービスと併用するとかなりお得なクレジットカードだと思います。

公共料金の納付書払いがグレジット決済できるカード

クレジットカードの魅力は、カードを利用するとポイントが貯まる点ではないでしょうか。一月の生活費でも、かなりのウエイトを占めるのが電気やガスなどの公共料金ですね。公共料金の支払いは銀行引き落としが主になっていますが、正直お得感はありません。ですが、クレジットカード払いを利用することで、まとまったポイントを貯めることが可能です。ところが、現時点で納付書払いに対応しているクレジットカードはひとつしかありません。数多くあるクレジットカードの中でも、それが使えるのはファミリーマートTカードだけです。これは、極めてレア度が高いですね。しかも、共通ポイントなので有効期限が切れてしまう心配もあまりありません。またファミリマートTカードは、Tポイントが貯まる提携店も数多くあるので、持っておいて損しないカードですよ。公共料金の支払以外でも、ネットショッピングの後払いでも利用できる点が大きいです。また、ネットショッピングでクレジットカードを使用するのが不安な方にとっても向いていますよ。しかも、年会費が無料なので持っていても損しないクレジットカードです。

高島屋カードとANAJCBカードを使っています。

家から近い高島屋によく行くので、高島屋カードを作りました。カードを持っていると平日の駐車料金がサービスされたり、利用金額によって高島屋お買い物券がもらえたりします。具体的には、年会費は2,000円、高島屋で使うと通常8%のポイントが貯まり、2,000ポイントごとに2,000円の高島屋商品券と交換できます。10万円買えば8千円の商品券がもらえるということです。駐車料金も1時間800円が無料になるため、数回行けば年会費分は元が取れます。お小遣いの範囲内はこの高島屋カードで。家計は主人の口座から落ちるANAJCBゴールドカードを利用しています。公共料金や保険代等。こちらは年会費が高いですが、ポイントをANAマイレージに貯められる等特典が魅力なので10年以上使い続けています。

手早く便利な決済方法がクレジットカード決済

キャッシュレス決済を推進する流れは、国際的に広がってきています。それは日本でも同様で、決済のキャッシュレス化がどんどん拡大しています。そんなキャッシュレス決済で身近なのがクレジットカード決済です。クレジットカード決済のいい点は、お札も小銭も必要ない点です。スーパーをはじめとしたお店の決済時にお札や小銭を用意するのは、思いのほか面倒です。特に小銭の支払いは財布の中から小銭を探さないといけないので、とても煩わしいです。ですがクレジットカード決済にすれば決済がすぐに完了しますので、ほぼノンストレスです。スピードが早いですからレジの後ろに並んでいる人を待たせないですし、とても使いやすいです。クレジットカード決済なら、決済が間違いなく便利です。

私のクレジットカード利用体験

クレジットカードは1枚しか持っていません。あえて1枚にすることでポイントの集約化、盗難等でのリスクを軽減させています。年会費は無料のカードで、ポイントは1000円につき1円還元されています。付帯サービスは海外旅行保険が付いています。次に日常利用について記載します。まず携帯電話、プロバイダー料金、生命保険や自動車の任意保険等は全てクレジットカードから支払いをするようにしています。これらは月々支払いが行われますので、固定でポイントが還元されてお得になります。他にもネット通販で買い物をする場合も現金を使わず、カードを使用しています。持っているクレジットカードにはクイックペイが付いているので、コンビニでのちょっとした買い物やガスト等の外食でも簡単に支払いができて便利です。

東武クレジットカードのメリット、デメリット

私は東武鉄道沿線に住んでいて、定期券も東武鉄道で購入しています。その際に東武クレジットカードで購入すると購入した分の1.5%分ポイント付与されます。例えば、120,000円購入すると「120000ポイント*0.015=1800ポイント」といった具合になります。そういったメリットもあり、東武クレジットカードを使ってます。さらに沿線沿いに『草加ヴァリエ』や『越谷ヴァリエ』や『東武ストア』といった食品や衣料品や雑貨店やレストランの店舗があり、100円購入につき1ポイント付与れます。また、その店舗は定期的に5倍デーや10倍デーをしていてそれぞれ100円に付き5ポイント、10ポイントと貯まり、とてもポイントが貯めやすいです。ただ、デメリットとしては1000ポイント貯まらないと商品券に交換できないことと、1年ごとに更新のため、更新月の日にちまでに交換しないと1000円未満のポイントが失効されてしまうことが注意点になります。ちなみに更新月の際に年会費は1080円かかりますが、クレジット払いで100,000円以上使えば、1080ポイントとして戻ってきます。逆に使わなければ、戻ってこない形になります。その為、更新が近づいたら購入を控えるか、逆に大量に買うかといった手間が増えてしまいます。そういった注意点を考えながら貯めると生活の足しになるのでとても良いです。

クレジットカードのポイントとその使い道

三井住友カードを利用しています。クレジットカードの利用はネットショッピングがほとんどで、店舗での買い物は主に現金を利用しています。ネットショッピングも高額な買い物をすることはあまりなく、カードの引き落とし額は平均すると1ヶ月に約2?3万円です。少ない額ではありますが、ポイントは比較的たまりやすいと感じています。たまにチェックする程度なので憶測ですが、半年で1000円ぶんのポイントが貯まる程度です。ポイントの交換方法は、景品交換やギフトカード、ふるさと納税への寄付など様々です。私はネットショッピングをよくするので、いつもAmazonギフト券に交換して使用しています。お店のポイントカードは200円で1ポイント貯まることが多いので、それと比較するとクレジットカードは少しお得感があります。

無料クレジットカードは超便利

私は楽天のクレジットカードを使っていますが、非常に便利です。ネットでの買い物をする際もこのカードを使っていますし、実際にお店に行った時も大きな支払いの際などはクレジットカードを使ってポイントをためています。このカードの一番のメリットはやはり、年会費が無料であるという点です。やはりただで持つことができるというのは非常に嬉しいです。また、ポイント利用に関してもメリットがたくさんあります。私が住んでいる地域はかなり田舎ですが、そんな場所にある店舗でも、楽天のポイントは利用することが出来ます。ただ、唯一のデメリットがあるとすれば、だれでも持つことができるカードなので、馬鹿にされがちだという点です友人と話していても、楽天カードは貧乏くさいなどと馬鹿にされることもありました。

いまや年配もクレジットカードの利用客層

私はスーパーでレジのパートをしています。今は子育て中の主婦ですが、高校生のころにも一度同じく食品レジのアルバイトを経験しています。そのころと比べてみて今、クレジットカードを利用している方はずいぶん増えたように感じます。クレジットカードの客ばかりの時もあり、本当にいろんな方が使っているなという感覚で驚きです。その影響で私もポイントも貯まるし、羨ましくなってしまいました。結果、今は食品の買い物もクレジットです^^その利用客は男性に多いとはかぎりません。20代男女の率は多いですし、主婦層も多い。若い世代だけではなく、40代から上の世代も多いんです。ときには70代などおばあちゃん世代の方もいらっしゃいます。おばあちゃんがクレジットカードだとレジの側も助かるんですよね。決済がすぐ済むので。若い世代から、ご年配まで利用の多くなったクレジットカード、私も便利に賢く使っていきます。