多忙な生活をしていた時期に、ほとんど現金を使わずにクレジットカードだけで生活をしていたことがあります。食料品などの買い物は週に1回スーパーで行っているので現金がなくても問題ありませんでした。流石にコンビニなどで1000円未満の買い物をする時は現金で支払いをしてました。しかしこの期間はほとんどコンビニを利用しませんでした。外食も多くの店ではクレジットカードが使用できます。現金を使わない生活を体験して感じたことは、クレジットカードがあれば生活に困ることはあまりないということです。カードの請求書を見て少しビックリしましたが、確り管理をしていれば問題ありません。そしてポイントがかなり付いていたことにも驚きました。ポイントはあまり意識していなかったので嬉しい誤算です。クレジットカードでの支払いはメリットの方が大きいと感じたので、それ以降は現金で買い物をする頻度が減りました。